お知らせ|浦和を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

お知らせ

脳幹梗塞の症状にはどのようなものがあるのか?

2018.10.31

みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターより、本日も皆様に是非知っておいて頂きたい基礎知識をお送りします。

めまいや意識障害は様々な病気を知らせるサインですが、脳幹梗塞という疾患もその一つにあてはまります。脳梗塞や脳血栓はよく耳にしますが、脳幹梗塞とはどのような症状が起こるのでしょうか?

■脳幹梗塞とは

脳幹梗塞とは脳幹という血管部位に狭窄(きょうさく)や血栓ができて詰まってしまい脳障害が起こる疾患です。脳の中にある大脳・小脳・脊髄からの信号をつなぐ脳幹には、12種類もの脳神経のうち10種類通っています。生命を維持するための呼吸など、重要な機能にも関わっています。

もしこの部分が梗塞を起こした場合は、脳梗塞と同様に死に至る可能性が大きいと言えるでしょう。

脳梗塞と脳幹梗塞の違いは、起きる場所によって名前が変わっており、脳幹は脳の一番奥にある土台部分で、脳梗塞は脳全体のどこかの血管が詰まることで、表皮に近い部分であれば簡単に梗塞を溶解・穿孔することができます。

しかし、脳幹は脳の深いところにあたるので危険性がかなり違ってくるのです。

■脳幹梗塞の主な症状

脳梗塞の一種である脳幹梗塞は、大きなダメージを受けてしまうと後遺症が残ってしまう可能性があります。脳幹梗塞の症状は以下の通りです。

・めまい

・意識障害

・瞳孔の異常

(明るいところで瞳孔が開く、暗いところで収縮する、光を照射しても瞳孔の反応がない)

・顔面の運動や感覚の異常

・手と足の運動や感覚障害

■脳幹梗塞の死亡率

脳幹梗塞に対する詳しい死亡率は公表されていませんが、かなり高いと言われています。

脳梗塞の死亡率は15%程度と言われているのでこれ以上の確率であることは間違いありません。

脳梗塞の後遺症は、重度になると寝たきり状態になってしまうことがあります。早期に見つけられれば後遺症も軽くすみ元気に生活できる方もいます。普段から大量のお酒を飲む方や偏食気味の方、ヘビースモーカーの方は飲酒・喫煙しない方に比べると悪化しやすいでしょう。

脳梗塞は再発しやすい疾患でもあるので気になる方は、生活習慣の見直しをおすすめします。

脳幹梗塞も脳梗塞と同じように、生活習慣病が原因と言われている疾患です。

糖尿病・脂質異常・高血圧など生活習慣病によって動脈硬化が起こり、脳幹の血管が詰まり発症してしまいます。

脳梗塞や脳幹梗塞を予防するためには、まずは自分が危険因子を持っていないかチェックしてみましょう。

生活習慣病の他に加齢やストレスなど避けることのできない原因も含まれているので、定期的な診断を受けたり健康を維持するための生活習慣を身に着けるよう心掛けてください。

お悩み別メニュー

疾患別メニュー