お知らせ|浦和を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

お知らせ

脳における病気の典型的症状  自費リハビリセンター(保険外リハビリ施設)  みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンター

2019.05.18

埼玉県さいたま市浦和区にあります、みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターより、皆様に是非知っておいて頂きたい基礎知識をお送りします。

 

脳は体の中でも重要な役割を果たす部分ですが、脳に異常がでてしまった場合、どのような症状があらわれてくるのでしょうか?

 

脳における病気の典型的な症状をいくつかご紹介します。

 

 

■脳が関係する病気とは

脳が関係する病気はいくつもあります。

脳内の血管が詰まったことで引き起こされる脳梗塞や、脳内の出血が破れたことであらわれる脳出血、脳内のくも膜の下で出血が起こるくも膜下出血などの代表的な病気もあれば、脳内の動脈の一部が膨らんでしまう脳動脈瘤や脳内に腫瘍ができてしまう脳腫瘍などもあります。

また、脳内にできた何かしらの異常から顔面や聴覚などに異常があらわれることもあり、直接的な病気の原因が脳にあるといった場合もあります。

これらの脳に異常がある部分によって様々な症状が起こります。

 

 

■病気とその典型的な症状

脳における代表的な病気とその症状についてご紹介します。

・脳梗塞

基本的に突然発症することが多く、典型的な症状は体の半身の麻痺、意識障害、言語障害、手足や顔面の感覚障害、失語症などもあります。

まれに前触れとして一過性脳虚血発作が起こる場合があり、この場合は一時的に血管が詰まることで引き起こされるので、症状の多くは数分で消滅することがあります。

数分で症状が消滅しても、これらの症状を感じたら早急に病院で診察しましょう。

 

 

・脳出血

何かしらの原因によって、脳内の細かい血管が破れて出血する病気です。

典型的な症状は頭痛、吐き気、意識障害などが引き起こされ、出血した部分によって症状が異なる場合があります。

また慢性期になっても何かしらの症状や後遺症を示す方もいます。

 

 

・くも膜下出血

くも膜の下(内側)にある脳脊髄液のある部分から出血して、ほとんどの原因が脳動脈瘤の破裂によって引き起こされます。

この脳動脈瘤が破裂してしまった場合は、再破裂が起こることが多く、これによって状態も悪化しやすく、場合によっては亡くなってしまう方も多いです。

典型的な症状は、頭全体もしくは前頭葉、後頭部などに継続的な頭痛を感じ、それと同時に激しい吐き気や嘔吐などの髄膜刺激症状があります。

突然激しい痛みを感じ、継続的に痛みが続いたあとに今まで経験したことがないような強い痛みが起こる場合もあります。

 

 

このように、脳における典型的な症状の多くが、痛みや吐き気、言語障害や意識障害などを引き起こすことが多くなっています。

 

 

このような異常を感じたら、早急な手当てが必要となるので、早めに受診することをおすすめします。

お悩み別メニュー

疾患別メニュー