お知らせ|浦和を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

お知らせ

脳梗塞-急性期におけるリハビリ  自費リハビリセンター(保険外リハビリ施設) みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンター

2019.03.16

埼玉県さいたま市浦和区にあります、みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターより、本日も皆様に是非知っておいて頂きたい基礎知識をお送りします。

 

脳梗塞とは、脳の血管が詰まり発生する病です。

 

これは日本人の死亡原因として4位に位置する脳血管障害、通称脳卒中にも分類されており、脳卒中患者の7~8割は脳梗塞と診断されています。

数多く発症する脳梗塞ですが、罹患後はどうやって回復するのでしょうか?

今回は脳梗塞、特に急性期と呼ばれる期間でのリハビリを紹介します。

 

■脳梗塞の後遺症

まず年間20~30万もの人が、脳梗塞を発症していると言われています。

完全に遠い話ではなく、身近な人が脳梗塞を発症することも多いのです。

脳梗塞で発症する後遺症としては、代表的なものとして言葉が上手く話せない、物忘れが多くなる、認知症が出る、筋肉が麻痺して動けないなどがあります。

これらの症状が重なると日常生活を送る上での障害となりますし、もちろん再発することで命の危険があります。

リハビリをすることで再発を予防し、生活を少しでも過ごしやすくすることが望まれます。

 

■急性期のリハビリとは

脳梗塞から回復するために、リハビリを始めるのは早ければ早いほど良いとされています。

ですから医師の診断によりリハビリを始めても良いと言われたら、早めに看護師や介護士、家族や友人とリハビリを開始した方が良いでしょう。

■具体的に何をするのか

脳梗塞後、2週間から1ヶ月以内にリハビリを行うことを急性期リハビリテーションと言います。

リハビリを始める前はベッドで寝たきりになっていることが多いです。

しかしそのままでいると関節が固くなったり、変形したりするほか、筋肉の衰えや骨がもろくなるなど、体が悪い状態になってしまいます。

また、床ずれや栄養障害、認知症を引き起こすこともあり、早めにベッドから起き上がって、椅子に座れるようになると良いでしょう。

最初からそのようにできなくても、ベッドで寝たまま手足を動かしたり、肩や首を回してみたりするのも良い方法と言えます。

寝返り運動も全身のリハビリにつながるので効果的です。

ただし、行う際は医師と相談し、適切な時期から始めた方が良いでしょう。

脳梗塞が完治していない時に無理に行ってしまい、余計に悪化させては元も子もありません。

勝手な自己判断はせず、専門医にしっかりと相談をしてから始めましょう。

脳梗塞後の急性期リハビリについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

脳梗塞は身近な病気であるからこそ、正しい知識を知ることが大事です。

医師の判断もなしに勝手にリハビリ運動を行った結果、無理をしてしまって怪我につながってしまったら本末転倒ですし、それこそ本格的なリハビリを始める期間をかえって遅くしてしまうことになります。

無理なく、できる範囲から少しずつ始め、その後の経過を改善していきましょう。

 

 

「無料体験リハビリ」「無料出張訪問リハビリ」などリハビリに関するお悩みやご相談、体験会に関するご予約やお問合せなど下記フリーダイヤルまでお気軽にご連絡ください。

 

フリーダイヤル 0120(05)1526

※お受付時間 10:00 ~ 20:00

※土・日・祝日も対応しております。

 

 

埼玉県さいたま市浦和区にあります、自費リハビリセンター(保険外リハビ施設) みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターは、便利なJR浦和駅(西口)徒歩6分、旧中山道沿い、須原屋書店(本店)目の前のビル3階(車いる乗車可能なエレベーター有)になります。

お悩み別メニュー

疾患別メニュー