お知らせ|浦和を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

お知らせ

前頭葉の病気における障害とリハビリ 自費リハビリセンター(保険外リハビリ施設) みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンター

2019.03.23

埼玉県さいたま市浦和区にあります、みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターより、皆様に是非知っておいて頂きたい基礎知識をお送りします。

 

前頭葉とは、脳の中でも前部分にあり、大切な神経が多く通っている部分です。

 

もし仮に、病気で前頭葉に損傷を受けた場合、どんな障害が出るのか、リハビリはどのようになるのでしょうか。

 

■前頭葉は脳の司令塔

脳の中でも人間らしさを維持している部分や、日頃行っている行動、体を動かす感覚部分が多く存在する前頭葉ですが、損傷してしまうと多くの障害が発生します。

前頭連合野という部分を損傷した場合、思考力や判断力が低下したり、意欲や創造性が薄くなったりしてしまいます。

このほかにも、他人に興味がなくなる、人格が変わるというようなこともみられるのです。

患者さんにその意識がなくても、周りから見ると異常ととられるような行動をしてしまうこともあり、脳の機能に障害が出ているだけなのに人間性を疑われるような悲しい出来事につながることもあります。

高次運動野を損傷した場合、日頃慣れた行動が難しくなり、自分から何か行動をすることをしなくなってしまったり、言葉を発するのが難しくなってしまうケースがみられるでしょう。

一次運動野を損傷した場合は、筋肉がつっぱったり、ずっと緊張状態になってしまい、体の麻痺がみられる場合があります。

 

■リハビリを行うには?

まずリハビリを行う前に、脳を含めた全体の症状が安定するまで治療や経過観察を行う必要があります。

先に示した通り、前頭葉には脳の中でも大事な神経が数多く通っています。

無理なリハビリで新たに損傷を与えてしまっては本末転倒なので、しっかり体を整えましょう。

意識があまりないような状態の場合、周りから声をかけたり手を握ったりして外から脳へ感覚刺激を与える、ベッドや椅子の上での姿勢を整えるなどして二次障害を予防します。

意識があれば、脳や体の状態を見ながら急性期リハビリを行うことになるでしょう。

中でも寝たきり状態で関節や筋肉が硬直してしまうことを気をつけなくてはならないため、ストレッチが行われます。

また、脳の中でも前頭葉への障害の場合、人と交流する際に注意力が散漫になったり、記憶力が低下したりするなどの障害が見えてくることもあります。

症状の見極めも含めたリハビリを検討するべきでしょう。

脳を含めた全身状態が安定したら、回復期のリハビリに少しずつ移行します。

前頭葉の損傷で特徴的なのは、認知機能や異常行動へのリハビリがあることです。

認知機能であれば、簡単な問題から少しずつ難しい問題に取り組むことで、思考力の回復を目指し、異常行動では行動療法と呼ばれる方法を使い少しずつ心を安定させていくことになります。

前頭葉は病気でなくても、事故などで怪我をしやすい部分です。

突然人が変わってしまったような症状が出てしまう人もいるため、家族や友人の理解が得られないばかりに悲しい思いをすることもあるでしょう。

しかし、リハビリによって少しずつ回復させていくこともできるので、諦めずに治療とリハビリを進めていくことが大切です。

 

無料体験リハビリ」「無料出張訪問リハビリ」などリハビリに関するお悩みやご相談、体験会に関するご予約やお問合せなど下記フリーダイヤルまでお気軽にご連絡ください。

 

フリーダイヤル 0120(05)1526

※お受付時間 10:00 ~ 20:00

※土・日・祝日も対応しております。

 

 

自費リハビリセンター(保険外リハビ施設) みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンター は、便利なJR浦和駅(西口)徒歩6分、旧中山道沿い、須原屋書店(本店)目の前のビル3階(車いす乗車可能なエレベーター有)になります。

 

 

お悩み別メニュー

疾患別メニュー