お知らせ|浦和を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

お知らせ

みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターでの自費リハビリについて

2019.06.18

埼玉県さいたま市浦和区に脳卒中を中心とした脳梗塞・脳出血・くも膜下出血特化型の自費リハビリセンターとしてオープンしてから半年が経過しました。リハビリ体験のご利用から みやび  浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンター の集中リハビリプランをご利用頂きました皆様につきましてはリハビリ担当者と一緒に個別で設定した改善目標を柱にマンツーマンにてリハビリをおこなって頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

統計を見てみますと日本国内の「介護を必要とする病気」の1位となる病気が 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血 の脳卒中となっております。

 

脳梗塞・脳出血・くも膜下出血を発症すると、早期発見・早期治療であれば後遺症といわれる体に残る麻痺等が少なく日常生活やお仕事でも問題なく生活できる方もいらっしゃいますが、どのような病気でも早期発見・早期治療になるケースは少なく、ほとんどの方が体への不調が限界に達して極度の違和感を感じてから病院への受診をおこなったり、緊急的に搬送されて治療を受ける方がほとんどで幸いなことに一命をとりとめ安堵したものの、脳卒中からくるさまざまな後遺症に悩まされるケースが多くあります。

 

そのような中で現状での入院からリハビリまでの環境を見てみますと、脳血管障害で150日、高次脳障害を伴う重症脳血管障害で180日までしか保険適用されずに期間が過ぎると退院を促されるということが現実です。また、入院中の保険範囲内でのリハビリは一般的な日常生活が送れる事に重点をおいたリハビリプランとなっており積極的なリハビリをご希望されても保険範囲内でのリハビリには限度があることがあります。

 

また退院後のリハビリ環境は、介護施設や老人保健施設がおもな受入先施設となります。施設でのリハビリでは集団でのリハビリを中心にとしておこなうため、その方が目指す身体改善に向けたリハビリとは程遠い内容になってしまいます。

 

みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンター では、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血を発症して、体に残ってしまった後遺症を受け入れ、身体機能改善に向けた前向きなリハビリを受けたいと考えていらっしゃる方々の「自分の出来るを取り戻して頂くため」脳梗塞・脳出血・くも膜下出血の後遺症に特化した自費リハビリセンターとしてご利用者様に寄り添い、改善を目指してリハビリに取り組みたいと考えております。

 

リハビリでは、国家資格保有の   理学療法士   ・   作業療法士   と   鍼灸師   が東洋医学と西洋医学を融合させ、お互いの治療の良いところを組み合わせた、その方に合わせた最善の施術でリハビリをおこないます。

 

1回のリハビリは2時間、事前のカウンセリングを十分におこない、個別に設定した目標リハビリプログラムを中心として、マンツーマンでリハビリをおこなうプログラムとなっております。

 

自費リハビリだから出来ることもありますが、自費リハビリ対して価格面やリハビリを受ける事への不安を感じられる方もいらっしゃることと思います。

 

みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターでは、リハビリセンター内での    無料リハビリ体験     や    無料出張訪問リハビリ体験     など、みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターがおこなうリハビリを実際に体感いただけるキャンペーンを随時開催し、リハビリを通じて体感頂く事やカンファレンスを通じて、病気の発症から現在にいたるまでの治療やリハビリの経過などお伺いしながら安心してご利用頂けるようにお時間を頂き対応させて頂いております。

 

 

 

リハビリに関するご相談や施設見学など随時お受付しております、お気軽にご相談ください。

 

お問合せ先 0120(05)1526

【お受付時間】 10:00  ~  20:00

 

みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターは、埼玉県さいたま市浦和区、便利なJR浦和駅(西口)より徒歩6分、旧中山道沿い、須原屋書店(本店)目の前のビル3階(車いすが乗車可能なエレベーター有)になります。

 

 

 

 

 

 

お悩み別メニュー

疾患別メニュー