ご家族の皆様へ|浦和を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

ご家族の皆様へ

ご家族の皆様へ

脳血管疾患をはじめ、病気で障害を抱えることはご本人同様ご家族の方は大変な思いをされると思います。
平均寿命の延長と医療技術の進歩、国民の脳血管疾患への理解による早期発見が、一昔前であれば助からなかった命も今は救われるようになっています。
その反面、後遺症と向き合いながら生活している方々も増えています。
みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターは、ご本人様はもちろんのこと、大変な思いをされているご家族様に対しても、少しでもお役に立てるようサポートさせて頂きたいと思っております。

長く継続してリハビリを続けていくために

現在、脳血管疾患は寝たきりになる原因になりやすい疾患であり、多くのケースで後遺症を抱え、再発もしやすい疾患となっています。
退院後、介護生活を余儀なくされるケースも少なくありません。
脳血管疾患は退院後も継続してリハビリを続けることが大切です。

ストレスを抱えないように専門家に頼って下さい

病院で退院が決まった時、医師には「再発に注意してください」、「体を動かすようにしてください」などと言われたでしょう。
リハビリでは介助方法の指導を受けたかもしれません。
再発予防としての運動や、介助はその時々の身体機能によって変わっていきます。
しかし、実際に家に帰ってくると思ったように動けず、これまでと違った生活に戸惑いを多く感じられたと思います。
また、病院で行っていたリハビリを介護サービスで継続していくことは難しく、出口の見えない生活にストレスを感じることもあるかと思います。
ご本人やご家族だけで抱え込んで悩むのは良くありません。
私たちのような専門家にご相談ください。

やりたいことを諦めないで下さい

みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターではご利用者様の「したい」を叶える努力をしております。
「仕事に復帰したい」、「家事をしたい」など目標に応じたリハビリプログラムを作成し、マンツーマンでリハビリを実施していきます。
ご家族の方は「思うとおりにさせてあげたい」と思う反面、「無理しないでほしい」とご心配される方もいらっしゃいます。
みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターではご家族の方の意向も確認しながら一つのチームとして支援していく体制を目指しています。

リハビリに対するモチベーション維持のために

リハビリを継続していくために、みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターでは下記の3つのポイントを大切にしています。

ポイント1:短期間での目標達成

今までできていたことができなくなる失望感、焦り、イライラを解消するためには、短期間で改善を実感することです。
短期的な目標を一緒に設定しリハビリを実施して達成すること、それがモチベーションUPに重要です。
そのためにみやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターでは、適切な「短期目標」の設定、その達成に向けた「リハビリプログラム」の作成を専門スタッフがサポートしています。

ポイント2:改善する喜び

大きな変化でなくても、少しずつ改善していることを実感することが大切です。
一歩でも前進していることで希望が生まれ、気持ちが前向きになりますので、そのモチベーションを大切にします。
みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターでは、毎回リハビリの前後にチェックシートで変化を細かく分析しますので、自身の変化を体感しやすくしています。

ポイント3:継続したくなる気持ち

目標達成がモチベーションとなり、さらなる改善を目指して気持ちが高まります。
しかし、日々のリハビリが面倒になることや、リハビリに行くのが億劫になることもあるでしょう。
そのような時、ご本人の一番近くで支えられのがご家族です。
みやび 浦和 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血リハビリセンターでは予約制なので、そのような時は時間や日付をずらすことができます。ご本人のモチベーションを一緒にサポートしていきたいと考えています。

Yݕʃj[

ʃj[