脳血管疾患・脳卒中|浦和を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

脳血管疾患・脳卒中

脳血管疾患・脳卒中の方

「脳卒中」にはいくつかの種類がありますが、脳の血管がつまる「脳梗塞(のうこうそく)」と、脳の血管が破れて出血する「脳出血」・「くも膜下出血」の大きく2つに分けられます。

さらに、脳梗塞は、細い動脈が詰まる「ラクナ梗塞」、大きな動脈が詰まる「アテローム血栓性梗塞」、心臓の中にできた血の塊(血栓)がはがれて脳の動脈に流れ込んで起こる「心原性脳塞栓症」に分けられます。

脳出血は、脳の中の細い動脈が破れる「脳出血」と、脳の表面を走る大きな動脈にできたこぶが破れる「くも膜下出血」に分類されています。

 

脳卒中の患者数は現在約150万人といわれ、毎年25万人以上が新たに発症していると推測されています。

脳卒中は、がん、心臓病に次いで日本における死因の第3位となっていますが、「寝たきりになる原因」の3割近くが脳卒中、いわゆる脳血管疾患です。

脳卒中の患者は2020年には300万人を超すことが予想されていますが、その背景には糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の増加、高齢者の激増が挙げられます。

脳卒中になると、さまざまな症状が現れます。

症状

血管が詰まって起こる脳梗塞と、破れて起こる脳出血は、違う状態なのに現れる症状に大きな違いはありません。

その理由は、両方とも脳の細胞が損傷されることが同じだからです。

 

脳梗塞も脳出血も、現れる症状は脳の病変がどの部位に起きたかによって異なります。

大脳がやられると、体の半身の運動麻痺(片麻痺)や感覚障害、ろれつが回らない、言葉が出ないなどの言語障害が主な症状です。

脳幹や小脳に障害が起こると、物が二つに見える(複視)、ふらついて手足がうまく動かない(体幹・四肢失調)などさまざまですが、最もひどいときは意識がなくなるなどの意識障害も起こります。

 

また、身体上は何の変化もないのに、言葉が不自由になったり、性格が変化してしまったりする症状まで、まさに百人百様といえます。

脳卒中の代表的な症状としては頭痛やめまい、意識の異常、手足の力・感覚の異常、言語の異常、目の異常、バランスの異常、その他として突然の記憶障害やけいれん発作などがあります。

 

施術方法

・内科治療として薬

・外科手術

・運動(リハビリ)、予防

 

脳卒中(脳梗塞、脳出血)を発症すると、出血部位に応じて四肢の麻痺などの様々な症状が出現します。

発症後間もない急性期には、治療上の必要性から安静を要することが多いですが、身体が落ち着くと寝たままでは廃用症候群を招くことになります。

それを防ぐためには継続した運動習慣が必要となります。

そのため、早期から継続した運動(リハビリ)や施術が必要になります。

 

脳梗塞による後遺症へのリハビリは、個々の状況に合わせたプログラムを組む必要があります。

脳梗塞の後遺症には多数の種類があり、一つだけではなく複数合併していることもあります。

そのため、ここでは代表的なリハビリ方法についてお伝えします。

 

▶リラックスポジション(良姿勢保持)
脳梗塞の後遺症では、寝ていても体に過剰な力が入ってしまってリラックスできていないことがあります。

この影響により痛みや不眠などを引き起こすこともあります。

対応としては、腕や足にタオルやまくらなどを使い、脳梗塞の方に特徴的な姿勢になることを予防します。

特徴的な姿勢とは、膝が外に開いてしまったり足首・足先がピンとまっすぐになったままの状態でいることです。

このまま放置すると拘縮といわれるように固まってしまい、その後の改善が困難になってしまいます。

重要なのは予防をしていくことです。

 

▶関節可動域訓練
脳梗塞を発症した直後は、手足がまったく動かないことがあります。

動かさない期間が長くなっていくと関節が拘縮し固まってしまいます。

これを予防するために看護師あるいは理学療法士・作業療法士などリハビリの専門職が他動的に関節を動かすことで拘縮を防ぐ必要があります。

注意点としては、過度な動かしによる痛みの発生です。

稀に重大な事故に繋がるケースもあるので、特に初期の関節可動域訓練には、熟練したセラピストによる訓練が望ましいと思われます。

 

▶座る練習・立つ練習
脳梗塞の発症後は体幹の機能も落ちていることが多く、座っていることが大変であったり物に捕まっていないと麻痺側に体が傾いてしまいそのまま転倒してしまうことがあります。

そのため、少し長い時間を座る練習や座っている姿勢で体を伸ばす・動かすなど一定の姿勢で長時間過ごさないことが必要になります。

立つことは次の歩行にもつながる動作になります。

足の麻痺があると体重を支えきれず膝が曲がってしまったり転んでしまう危険性もあります。

予防するためにもしっかりと立つ力をつけることが重要となります。

具体的にはスクワットが推奨される内容です。

 

▶歩行練習
脳梗塞の後遺症には手足の筋力が落ちてしまうことに加え、感覚も鈍くなっています。

例えば、麻痺した足に体重がかかっていない、あるいはかかり過ぎてしまうことが起きます。

そのため、適度な体重をかける練習が必要となりますが、それには専門職の指導があった方がより高い効果が期待できます。

まっすぐ歩くことができれるようになれば、後ろ歩きや小走りなど応用的な練習を行うことでさらなる改善が望まれます。

Yݕʃj[

ʃj[