小脳疾患|浦和を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

小脳疾患

 

小脳疾患の方

小脳は脳の中で大脳の次に大きな部位になります。頭の後ろ側に位置し、主に運動機能に携わっています。また、運動体験を通し、それを認知する知覚の役割ももっています。小脳失調にかかると、これらの能力に障害が出ます。そのため、真っすぐに歩けない、手が震えて物が取れない・字が大きくなる、言葉をうまく話せない、痺れる、等の症状がでます。そのため、普段、できていたことが出来なくなるのが特徴です。
小脳失調症を引き起こしやすい病気は、脊髄小脳変性症や血管障害、アルコール性小脳萎縮症、自己免疫性疾患、などです。

施術方法

・内科治療として薬
・外科手術
・運動(リハビリ)、予防
小脳の機能を維持するために、運動機能障害に対して歩行訓練やバランス訓練を実施します。具体的には、運動失調に対して小脳への固有感覚や視覚等の感覚入力を強化する介入が行われます。重錘による負荷や、弾力帯装着をしての運動、フレンケル体操や固有受容性神経筋促通法(PNF)です。また、リラクセーションや動作の反復練習、中間姿勢の練習も有効です。廃用症候群を併発しやすいことから、筋力発揮の機会をつくることも必要であり、持久力低下に対しては自転車エルゴメーターなどの有酸素運動や低負荷高頻度の運動、最大筋力の改善には自重を用いる方法や重錘・ゴムベルトを用いる方法などがあります。

Yݕʃj[

ʃj[