背髄損傷|浦和を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

背髄損傷

 

背髄損傷の方

背骨の中には脳と繋がる「脊髄(せきずい)」という、大きな神経の束があります。脊髄は手や足を動かす運動面の役割と、痛みや温度などを感じたりする知覚の役割がありますが、何らかの原因によって脊髄が傷付いた状態を脊髄損傷といいます。損傷箇所によって麻痺などの後遺症が出ます。発症原因の多くは交通事故や高い所から落ちたりすることで起こる場合が大半です。

施術方法

・運動(リハビリ)、予防
残念ながら傷付いた神経が元通りになることはありません。そのため、施術の目的は、残された機能をどのように使い、強化し、日常生活動作(ADL)を可能にするかということになります。麻痺した神経機能の改善は難しいですが、残った機能も使わなければ弱っていきます。そうならないため、脊髄損傷後に残った機能を評価し、適宜ゴール設定をしていきます。
なお、脊髄損傷から社会復帰に至るには様々なハードルを越えなければなりません。車椅子を使うなら操縦やバリアフリーへの対応、歩けるのであれば状態に合わせた歩行補助具の選定など専門知識により対応が必要になります。

Yݕʃj[

ʃj[