筋挫傷/炎症|浦和を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

筋挫傷/炎症

 

筋挫傷/炎症の方

挫傷とは外力(打撲)により、皮下組織や筋肉、腱などに損傷が生じることをいいます。このうち、筋肉に損傷を受けたものを筋挫傷と呼びます。外力の大きさにより、骨の損傷や骨折、軟部組織の損傷や炎症を合併することもあります。
筋挫傷は接触の格闘技やサッカーなどのコンタクトスポーツなどでよく起こります。
主な症状は激しい痛みと腫れです。スポーツ選手などにも多いですが、好発部位は大腿前面です。損傷部位の周囲に腫れがみられ、皮膚が光沢を帯び、膨れ上がったような状態になります。腫れは受傷から数日で最大となり、その後徐々に軽減していきます。痛みにより歩行障害や運動制限が生じることもあります。

施術方法

・運動(リハビリ)、予防
軽症の場合にはRICE処置により、数日で痛みや腫れは軽減します。RICE処置とは、安静(Rest)、冷却(Icing)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)のことです。また、痛みのない範囲で関節可動域を改善するリハビリテーションを行い、動きが正常に戻ればスクワットや痛み出ない範囲で筋力強化、バランスなどの活動を開始し、日常生活やスポーツ現場への復帰を目指します。

Yݕʃj[

ʃj[