呼吸器疾患|浦和を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

呼吸器疾患

 

呼吸器疾患の方

呼吸器とは、鼻腔、口腔から咽頭、喉頭を経て気管、気管支、細気管支までを指しますが、気管や気管支に異常が生じた状態を呼吸器疾患といいます。呼吸器疾患には、慢性気管支炎、気管支拡張症、気管支ぜんそくがあります。気管支と繋がり、酸素・二酸化炭素のガス交換の役割を果たしている肺の疾患には肺炎、肺結核、肺気腫、間質性肺炎、肺がんがあります。

施術方法

・内科治療として薬
・運動(リハビリ)、予防
最も重要なことは正しい呼吸法、いわゆる腹式呼吸と口すぼめ呼吸の取得になります。呼吸器疾患のある方は、呼吸が浅く、気道が細く塞がりやすい傾向にあります。そのため正しい呼吸方法の取得により一度の換気量を増加し効率的な呼吸に変えていきます。呼吸法が習得できれば、排痰も上手くなります。また、運動も体の筋力を維持し、有酸素運動を取り入れることで呼吸機能の維持や改善に繋がります。具体的にはウォーキングにより足腰をはじめ全身の筋肉を鍛え、心肺機能の改善を目指します。なお、呼吸器疾患を持つ人は、胸部の筋肉が硬くなる傾向があるため、呼吸筋のストレッチを行うことで楽に大きな呼吸ができるように導きます。

Yݕʃj[

ʃj[